市川市での葬儀と葬祭ホール

市川市は人口が多く過密な傾向が見られるため、葬儀をする場合であっても、やはり参列者に配慮してできるだけアクセス性の良い場所を式場とすることが不可欠です。
そのため市川市で葬儀をする場合には、民間の葬儀社が建設し、運営も行っている葬祭ホールを貸し切り利用するのが一般的です。ほかに寺院のなかの信徒会館などを貸し切ることもできますが、代々の檀家ではない場合は遠慮がはたらくため、やはり葬祭ホールに落ち着くことになります。
公営斎場の貸し切り利用という場合もありますが、市街地からはやや遠いため、その点を踏まえた判断が必要です。

市川で葬儀についての情報をまとめたサイトです。

市川市内の葬祭ホールは、総武線などの駅に近いエリア、または国道や京葉道路のインターチェンジなどの幹線道路沿いに位置していることがほとんどです。
その意味では公共交通機関、マイカーのいずれでもアクセスはしやすく、駐車場などの設置されていますので、葬儀の当日に混乱することが避けられます。


葬祭ホールのなかには宗教に応じて仏教、キリスト教、神道のそれぞれの祭壇が常備されているほか、祭壇を置く式場以外にも、受付や大ホールなどのスペースが用意されていますので、参列者で混雑してスムーズな進行ができなくなるおそれもありません。



そのほかにも宿泊のための寝具、仮眠室、浴室、洗面所などが葬祭ホールのなかに設置されているケースも多く、これは通夜の際に線香を絶やさないという慣習を受けて、家族や親族が宿まりがけで遺体の番をする上でも好都合といえます。