ダーツ初心者の方は道具を知るのがおすすめです

subpage01

趣味の一つとしてダーツがあると、大人の男の感じが一気に増します。
ですが、何も分からない初心者の段階では、道具もルールも理解するにはハードルが幾分高いかも知れません。
まずは入口として道具を知る事から始めてみましょう。

ダーツの本体(いわゆる投げる部分です)はそれぞれのパーツに分かれています。

本体の部分を「バレル」と呼びメインとなります。

重要な部分となり、投げる際の放物線にも大きな影響を及ぼします。


先端の部分のパーツを「チップ」と言い、先程のバレルに回し入れて使用します。


素材は色々とありますが、プラスチック製が多く使用されており、交換しながら使いますので、いくつか用意しておくのをおすすめします。そして、後部に付ける「フライト」と呼ばれるパーツがあります。

羽根のような部分でイメージがしやすいでしょう。飛ばす時の安定度を左右し、飛び方の調整にも役だちます。

おすすめのダーツに関する情報が閲覧できます。

「シャフト」というパーツでバレルとフライトを接続します。



これは消耗が激しく、よく折れたりする部分ですのでスペアは必須になります。
何本かのセットで販売されている場合が多いです。

これらを買い揃えると「マイダーツセット」として成り立ちます。



それぞれを収納できるダーツケースも用意するのもおすすめです。持ち運びに便利なのはもちろんの事、見た目のオシャレさも表現できます。

初心者の方はまず形から入るという方法もおすすめです。


道具に興味を持ち、徐々にルールも覚えていきながらダーツの魅力を感じていく事も一つのスタートでしょう。